力学II

$LastChangedDate: 2018-10-09 16:55:35 +0900 (10/09/18 (Tue)) $

担当

湯川諭(大学院理学研究科宇宙地球科学専攻)、理学部F棟517号室。講義に関するメールは lectureあっとbopper.ess.sci.osaka-u.acどっとjpへ。

中間レポート

シラバスにある中間試験を、中間レポートに変更します。 中間試験関係の記述は中間レポートで置き換えてください。 レポート課題。 提出は、12月12日の講義時とします。

講義内容(予定も含む)

10月3日
質点の力学(力学I)の復習、減衰振動
10月10日
強制振動、共鳴
10月17日
角運動量とベクトルの外積
10月24日
ベクトルの外積(続き)、質点系の力学(運動量保存)
10月31日
質点系の力学(質量中心、二体問題、運動エネルギー、角運動量)
11月7日
質点系の力学(角運動量)、剛体の簡単な運動
11月14日
剛体の簡単な運動(実体振り子、回転のエネルギー、慣性モーメント)
11月21日
剛体運動の例(ターンテーブル上を歩く、斜面を転がる球、ビリヤード球)
11月28日
剛体運動の例、コマの歳差運動、相対運動
12月5日
(休講) 中間レポート
12月12日
相対運動: 散乱問題、座標変換
12月19日
相対運動: 3次元の回転行列、回転座標系
1月9日
相対運動: 回転系での運動方程式
1月16日
相対運動: 地球表面での運動、Neilの放物線、Foucaultの振り子
1月23日
相対運動: Foucaultの振り子。
連成振動
1月30日
期末試験

教科書、参考書、関連図書

参考書は、詳しい内容や教科書以外の記述を見たくなった場合に利用してください。 また関連図書は直接講義とは関係ないが、力学やその周辺に関連するものです。 おそらくすべて大学図書館にあります。

[top] [lecture]

Valid CSS! Valid HTML 4.01 Strict